113 – エムダブ株式会社 113 | ●●●●のブログです

エムダブとみなさんをつなぐ月刊エムダブ

2019.01.10113平成最後の〇〇

豚のアイコン

ごあいさつ

平成最後の〇〇

早いもので2019年が始まってもうすぐ一か月が経とうとしてますね。今年の4月1日に新元号に変わる事が決定し、巷では「平成最後の〇〇」というフレーズが溢れるようになってきました。
3月の月刊エムダブの「平成最後の月刊エムダブ」と呼んでみたいと思います。新しい元号に変わり、新しい時代が始まるのってワクワクしますね。本年も皆様にとって良い年でありますように♪

豚のアイコン

明日から役立つWEBサイトのエトセトラ こんなん、どうでSHOW?

明日から役立つWEBサイトのエトセトラ こんなん、どうでSHOW?

「Linkclump」

複数のリンクをまとめて開く拡張機能

ヤフーやグーグルの検索結果画面で何かを調べる際にリンクをひとつひとつクリックして確認することは有りませんか?そんな時はリンクを一気に開ける拡張機能がオススメです!

拡張機能とはグーグルなどのブラウザを簡単にパワーアップ出来る便利機能のことなのですが、今回はグーグルの無料で使用できる拡張機能「Linkclump」をご紹介します!

Linkclumpはサイト上に表示された開きたいリンクを右クリックを押したままドラッグします。右クリックを離すとドラッグされたサイトをまとめて開くことが出来ます。(写真参照)

インストール方法は「Chrome ウェブストア」にアクセスし、Linkclumpを検索してダウンロードサイトへ移動し、「無料」、 「追加」の順にクリックし少し待つとインストール終了となります。

効率的に情報収集することが出来る拡張機能を一度試してみてはいかがでしょうか?

豚のアイコン

鳥居のカレー&辛いもの紀行

鳥居のカレー&辛いもの紀行

変わり種カレー

2019年が始まりましたが、まだ半月も経っていない1月の長さにおののく日々です。必然的に暴飲暴食が続きます。むしゃくしゃします。がつんと美味いものを食べて気分を変えたい。。そんなときにおすすめしたいのが東京カリーどら焼きです。
カレーなのにどら焼き。原材料も2段目以降はほぼカレーの具材です。
年始で元気が不足している方はぜひお試しください。
美味しいかどうかは個人差がありますので保証できませんが、元気が出ることは請け合います!

豚のアイコン

渡部印「なんちゃって保存食ライフ」

渡部印「なんちゃって保存食ライフ」

色が違うだけなのに!

我が家は、ありがたいことに義母が自分で野菜を育てせっせと送ってくれます。義母の野菜作りは、家庭菜園の域をこえ、もはや本職のよう。量もさることながら品種にもこだわっており、種を自分で取り寄せ、珍しいものを育てることに情熱を注いでいます。義母から送られてくる野菜をみると、本当に多種多様で、流通している野菜は数あるなかのごく一部であると感じます。
ご紹介するのは、紫キャベツの酢漬け。特に珍しい野菜ではないですが、丸ごと1個を実際に調理するとテンションが上がる上がる。緑色では分かりにくい、葉の断面や葉脈の様子がとてもリアル。キャベツの秘密を暴くようでとても楽しいのです。

豚のアイコン

川又の目指せ!ジャングル化計画☆

川又の目指せ!ジャングル化計画☆

新たな住人募集中

以前ニュースレターでご紹介した我が家の「ペペロミア・アングラータ」ちゃん。次女の出産で里帰りから帰ってきたら残念な姿になっていました。とても復活できそうにもなかったので、そのまま処分。器だけが空のまま、あっという間に一年が過ぎてしまいました。
新しい年に変わったし、そろそろこの器を復活させてあげたい!そんな思いで、ズボラな私でも育てられる生命力の強い新たな住人を探しています。
本当は天井から吊るしたいのですが、我が家は賃貸なので、釘打ちはNG。テーブルに置けば子供たち(特にチビ)の格好の的となるのは安易に想像がつきます。
子供に触られず、自分の好きなものを飾る。簡単そうで、意外とハードルが
高い難問なのでした。

豚のアイコン

元バンドマン高畠のNO MUSIC, NO LIFE !

元バンドマン高畠のNO MUSIC, NO LIFE !

新年おめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!新しい年を迎えて皆さんいかがお過ごしでしょうか?
年が明けると心機一転、新しいことを始めたくなりますね。
自分は、年末年始のお休みに数年ぶりに押入からギターを引っ張り出してみました!
昔から全然ヘタでしたが、全く指が動かなくなっていたことにショックでした!
久しぶりにギターを触って、ギター熱が復活したので今年はちょくちょくと暇な時間に練習しようと思っています!

豚のアイコン

4コマ劇場

四コマ劇場

作者:前田

記事一覧に戻る